メールアドレスの漏えい事故について

2022年4月19日

4月15日、弊社システムご利用中のお客様ならびに販売会社担当者様に対し、お知らせメールを送信する際、不手際により当該お客様ならびに担当者様のメールアドレスが表示される形で一斉送信してしまいました。
関係者の皆様に、多大なるご迷惑とご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。
このような事態を招いたことを重く受け止め、個人情報の取り扱いおよび情報セキュリティに関する社内教育ならびに管理体制のさらなる強化に取り組み、再発防止に努めてまいります。

1 事故の概要
弊社システムご利用中のお客様ならびに販売会社担当者様に対し、Trend Micro Apex Oneの導入で発生する障害についてお知らせメールを送信しました。
その際にお客様ならびに担当者様のメールアドレスを「BCC」で送信すべきところ「宛先(TO)欄」で送信してしまいました。
なお、当該メールアドレス以外の情報が漏えいした事実はございません。
また、該当するお客様ならびに担当者様へは同日中にメールにて本件に関するご連絡をいたしました。
同メールを受信されていない方は、漏えいの可能性はございません。

2 発生時期
2022年4月15日 午後4時43分

3 事故の経緯
①4月15日 午後4時43分
 弊社システムご利用中のお客様ならびに販売会社担当者様宛てでメールを送信した際、メールアドレスを「宛先(TO)欄」で一斉送信を行いました。
②4月15日 午後5時30分
 上記メール送信後、送信先不明のメールを受信し、送信者とは別の社員から宛先がBCCになっていないことを指摘され誤送信が判明しました。
③4月15日 午後6時37分
 全ての宛先に対し、お詫びと当該メールの削除をお願いするメールを送信しました。

4 再発防止策
・外部の複数の宛先に対してメール送信する必要がある場合には、メールアドレスのBCC欄への入力を送信前に送信者のセルフチェックおよび複数の社員でチェックすることを徹底します。
 あわせて、メール送信ソフトウェアのメール配信機能を活用しメール受信者が他のメールアドレスを確認することができない仕組みを構築し運用いたします。
・今後の個人情報保護および情報セキュリティ教育を徹底し、社員のリテラシーのさらなる向上を図るとともに、全社的な情報管理体制の強化に取り組んでまいります。

 

問合せ先
北日本コンピューターサービス株式会社 百年企業推進室
電話:06-6394-8666
eメール:pmsinfo@kitacom.co.jp

受付時間
午前8時45分~午後5時45分(土・日・祝日を除く)