生活困窮者自立支援システム

生活困窮者自立支援システム制度は自立相談支援事業をはじめとし住居確保給付金の支給、その他の各種支援を講ずることにより生活困窮者の自立の促進を図ることを目的として平成27年4月1日より施行されました。

生活保護システム導入実績No.1ベンダーとしての実績を生かし、モデル事業実施自治体様のご協力を頂き開発いたしました。市町村の窓口だけでなく、データ連携機能を通じて社会福祉法人やNPO法人でもご利用しやすいようになっております。

「生活困窮者自立支援システム」のメニュー:図

システムの特徴

二つの必須事業をサポートします
  1. 自立相談支援事業
  2. 住居確保給付金の支援事業

2つの必須事業をサポートします。 1.自立相談支援事業 2.住居確保給付金の支援事業 自立相談支援事業のサポート 1.相談内容やアセスメントの履歴管理が可能です。 2.連絡票の発行やExcel/CSV出力により、関係部署や関係機関との情報共有が可能です。 3.年間、月間、週間などで受け付けた、最近の相談件数を確認することが可能です。 4.掲示板機能で相談者の情報やスケジュールを共有することが可能です。 5.「弊社生活保護システム」との間でデータ連携することが可能です。 住居確保給付金の支援事業のサポート 1.住居確保給付金の支給決定及び通知書の発行が可能です。 2.口座振込明細書、口座振込用電子データの作成が可能です。