滞納管理システム

森林環境税の創設に伴うパッケージ対応方針について(2023年12月21日)

1.基本方針

・パッケージとしての全国統一改修は予定しておりません。
 科目名称変更や帳票への読み替え文言の追記による対応は、システム内で管理しているマスタ機能により、
 印字される帳票の文字枠の範囲内で名称や文言をユーザー様にてオンライン画面上で変更をお願いいたします。

2.修正可能範囲

・科目名、科目略称の修正
 例)普徴:市県民税森林(普徴) 特徴:市県民税森林(特徴) 民年:市県民税森林(年金)
・催告書文言、未納明細書の下部文言の修正
 例)令和5年度以前の市県民税には、森林環境税は含まれません。
・充当通知書の表題、備考欄・下部文言の修正
 例)表題      :「充当」→「充当又は委託納付」
   備考欄・下部文言:個人住民税及び森林課税に係る充当の場合は、「充当」を「委託納付」に読み替える
   ※備考欄・下部文言修正可能なのはNEXTのみです。SD1は不可となります。

3.留意事項

・上記範囲内では対応できない修正が必要となる場合は、弊社担当営業ないし担当SEへお問合せをお願いします。
・基幹系システムからの連携レイアウトには変更が無いことを想定しての措置となりますが、
 もし変更が発生する場合は連携プログラムの改修が必要となりますので
 弊社担当営業ないし担当SEへお問合せをお願いします。
 ※ご依頼内容によっては、対応時期や可否をご相談させて頂く場合がございます。

徴収業務の円滑化をご支援致します!

お客様の「声」をもとに進化し続けるシステム

  • 複数の管理台帳をデータベース化。法規に基づいた滞納整理業務を即座に処理することができます。
  • パッケージによる高品質なシステムの短期間での導入が実現可能です。
  • 税金、料金等、管理対象科目に応じた単独課、複数課での導入が実現可能です。
  • 基幹系システムから独立しており、基幹系システム稼働時間外や土日・祝日でも自由に利用することができます。単独システムからC/S、Web型システムまで、自治体規模に応じた柔軟なシステム構築が可能です。Windowsを採用した発展性、汎用性のあるシステムです。
  • 滞納者に限らず全納税者の情報を管理し、収納支援システムとしても活用可能です。
  • ID、パスワード等によるセキュリティ対策を講じ、秘匿情報の漏洩を未然に防ぎます。
  • パッケージソフトですが、多様な追加システムによりさらなる効率化を図ることができます。市町村合併等によるホストの変更やダウンサイジング、運用形態の変更にもスムーズに対応可能です。

このような状況はございませんか?

  • 滞納者の個別対応で全体に手が回らない!
  • 特殊なケースの発生で予定の消化がおぼつかない!
  • 作業や行動結果の整理が追いつかない!
  • 折衝の材料や情報が少なく、一つの案件に時間が取られる!
  • 作業や行動が結果改善に繋がったのか、把握が難しい!

「DIALOGUE」は、均一でより効率的な作業改善とより効果的な業務運用結果の改善をサポートします。

詳しくは「システム構成」をご覧ください

POINT1 短期間に安価で高品質なシステム構築を実現!

滞納者の情報を一元管理

  • 全体の計画・予定と作業をタイムリーにリンク
  • 作業実態と収納実態をタイムリーに把握
  • 滞納者の実態ごとに一括作業や個別作業に分割管理
  • 施策効果の把握により取組みの見直し改善へ
  • 計画と目標の進捗管理もタイムリーに把握

経験豊富なスタッフによる導入支援体制

システムの知識だけではなく、滞納整理業務についての知識を持ったSEが多数おり、システムの使い方はもちろん、業務に関するアドバイスや相談なども行っております。 各拠点にSEを配置し、安心していただけるサポート体制を整えております。

POINT2 他システムとのスムーズなデータ連携と安定稼働を実現!

豊富なデータ連携実績とノウハウ

これまでの数多くの実績から得た、「データ連携」に関する独自のノウハウを生かし、既存システムからのデータ連携もスムーズに行うことができます。

POINT3 安心のサポート体制

専用の「サポートセンター」設置

お客様に安心して滞納管理システム「DIALOGUE」をご利用いただくために次のサポート体制を設けております。

サポートセンター

専門スタッフが常駐してお客様からの電話応対をしております。 なお、受付時間は月曜日から金曜日(祝祭日を除く)の9:00から17:00迄となっております。